Splinterlands 攻略情報

【CryptoNinjaCup攻略情報】レジェンドなしNoviceバトルのWaterカードをランク付けしてみた【Splinterlands】


先日告知したこちらの大会で役に立つカードをシルバー上位ランカーのぼくが考察したのでぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!
当日自分に合うカードをレンタル又は購入して入賞しちゃいましょう!!

Fire編はこちら

Earth編はこちら

Life 編はこちら

Death編はこちら

Dragon編はこちら

Neutral編はこちら


次はWater編ということで、

前回に引き続きこんな感じの基準で分けてみました。



Sランク:このカードがあると勝てる状況がたくさんある。


Aランク:このカードがあると勝てる状況がいくつかある。


Bランク: 局所的だが使いどころはある。


Cランク: 単体ではほぼ活躍できないが他のカードと組み合わせたりして活躍の場がある。


Dランク:残念ながら今回のルールで勝利に貢献する可能性がほとんどない。


スプランは様々なルールがあるので全く使いどころのないカードはありません

なのでDランクだとしても必ず使い道があるのが面白いところです。

せっかく手に入れたカードは大事に使うと思わぬところで活躍してくれますよ!


また、ここで評価が低くてもブロンズやシルバーでは大活躍するカードはたくさんあります
あくまで本大会限定のランキングということで!


それでは早速いってみよう!!

Waterについて考察


全体的に近接攻撃の火力に優れていて、魔法が使えるモンスターが多い。

ヒール系使いも多く盾付与持ちもいるため耐久力が意外とあります

本大会のルールだとスピードに難ありですが、シルバーだとスピードコントロールしやすいので隙が少ない属性です。

ただ強いからこそ対策されやすいのも事実です。

盾無効、必中と強力な分、対策されたら脆いのが魔法なのでWaterが使えるルールでは魔法反射系の能力を最低1枚は置かれることを想定しましょう。

読まれなければ最強の属性です。

サモナーについて


彼がいないとWaterの魅力が半減しますが必須とはギリギリ言わないでおきます。

モンスターの能力なしルールでDeathがない時は魔法合戦になるのでこのおじいちゃんがいると勝てますね。

魔法は読まれると脆いので、読み合いは苦手だしレンタルなどでそんなにお金をかけたくない場合、

魔法は使わないと決め込んで最初から物理攻撃一択にするのもアリです。


ただ、大会は相手の手持ちカードが見れるので相手の魔法を対策できるカードは最低限揃えたいところ。


もし起用する場合、魔法デバフと魔法SHIELDを重ねられてもダメージが与えられるよう1体は魔法火力2以上のモンスターを入れましょう


魔法モンスター揃えるのをあきらめるなら彼を採用しましょう。

本大会のルールだと魔法はいくら火力強化しても中途半端になりがちなので、おじいちゃんとかち合った時こちらの方が有利を取れます。

Earthの魔法強化サモナーとかち合っても同じことが言えます。

その場合魔法半減の能力を持ったモンスターを壁に置きたいですね。


正直、このサモナーを使っている人の気持ちがわからないです。

仮に地震ルールだったとしても相手の全員の飛行を無効にするならまだしも、技を当てないと発動しないわけですから

普通に必中の魔法を当てるか、スピードバフと盾で速攻かけつつ地震を耐えた方が安定します。

ピンポイントで読んだとしてもそもそも避けられたら飛行対策として機能しないので、超中途半端です。

残念ながら採用する価値はほぼないと言えます。


ぼくの勘違いにより、本文に誤りがありました。

飛行打消し以外にも、飛行持ちに対して技が必中するという効果もあります。


地震ルールで確実に相手の飛行モンスターを抑えることができるので、スニーク、スナイプなどで満遍なくダメージを負わせれば地震ダメージも与えることができます。

地震ルール以外では期待値がかなり低いですが、地震ルールでは持ってる方が勝つレベルの性能をしています。


サモナーの能力なしルール専用です。

こちらが近接で攻め、相手の魔法を読まない時も使えるので他のコスト2サモナーと比べると使いどころは多い方です。

あと魔法を使わないスピード反転ルールでも使えます。

コスト2サモナーの使用頻度でいうと所感

DragonWaterEarthFireDeathLife

こんな感じです。まぁ持っていたらの話なんですが。。


魔法で攻めるなら、おじいちゃん。

魔法を読むなら、河童ちゃん。

それ以外なら、盾姉ちゃん


つまり一番使用頻度が高くなります
スピードが低いモンスターが多いので魔法重視の時でさえこちらに軍配が上がる場合もあります。


Sランク ~このカードがあると勝てる状況がたくさんある



相手の攻撃をすべて自分に向ける能力遠距離攻撃が先頭にいても当たるようになる能力持ち。

ウェーブ・ブロード略してウエブロ。

魔法使いや攻撃手段を持たないモンスターを優先で狙うスナイプ

体力の一番低い敵を を狙うオプチュニティ

最後尾を優先で狙うスニーク、をすべて受けることができる。


この子が倒れるまで後方はランダム攻撃とブラスト以外でダメージを負わない(毒や地震を除く)ので味方の役割遂行率を大幅に上げてくれます

またヒーラー2枚構成で回復が間に合えば一方的に相手を倒すことも可能です。


勝ちたいなら必須カード!




自己回復能力を持っているためしぶとく生きるシーモンスター、略してシーモン。

味方のヒーラーと合わせれば相手は倒せず一方的に勝てる可能性もあります。

ヒールを活かしてスニーク対策やスピード反転ルールでも活躍できます。

普通のルールで使う場合は盾姉ちゃんでスピードコントロールしてあげましょう。



高火力、高スピード、高耐久と結婚したいヘビNo1に選ばれそうなスペック。

耐久は・・・中か。

回避率が上がる能力持ちなので避けまくって勝つこともあります。


ノービス、ブロンズ時代、この子が相手の攻撃避けまくるので

「こいついれば勝てるじゃん!」と思っていました。


ただ魔法で来られると痛い目を見るので覚えておきましょう




2回攻撃ができる能力持ちです。

通称二連撃くん。


Sランクの上を作ったらそこに入れるくらい強いです。

とりあえず置けるなら置いておきたい1枚

ただ低コスト戦で無理やり置くのはNG

使えばわかる。強すぎてこれ以上語ることがない。。。



自己回復ができる非常に優秀なスニーク対策

またブラスト読みで2番手に置いても強い


この子が食らって避けて回復を繰り返している間にいつの間にか勝っていることでしょう。



味方全員に盾を2枚付与する能力。ドラクエでいうスクルト持ち。

物理攻撃に対して味方全員が必ず1発耐えるようになるので、物理で攻めてきた相手に相当アドバンテージが取れます。

本大会のルール上、魔法オンリーで攻められることはほぼないので能力が腐りません。

比較的手に入りやすいカードなので、これを意識して魔法で攻めてこられてもおかしくないくらい選出誘導性能も高いです。


これがないと読み合いすらできず負けてしまうことがあるので、必須カードの1枚でしょう。

物理主体のパーティでも添えたい1枚


4コストで魔法威力2、更に珍しい魔法スニーク持ちなので読み合い好きならぜひ採用しましょう。

最後尾は飛行やスピードの高いモンスター、トゲトゲを置きがちなので必中の魔法が刺さりやすいです。

しかも相手の前衛が魔法反射だとしても無視できるのがうれしいポイント。

迷ったらこの子で後ろにちょっかいかけてみましょう。



対戦に置いて真っ先に警戒すべきはヒーラーです。

ザリガニより速さがあるのでSランクにしました。

ヒーラーを入れられこちらは回復手段のないパーティだと相手に粘られているうちにこちらはどんどん消耗してしまいます。


ヒールが間に合わないくらい速攻に全振りするか、スナイプ入れるか、こちらもヒールで対応するか、回復封じのアビリティ持ちを入れるか・・・。

対策は豊富にありますが、対策を必ず仕込まなければいけません

選出誘導性能、味方の耐久力向上、相手の計算を狂わす・・・。

いないと勝てない状況が多すぎて語り尽くせません。



最後尾にぜひ置きたい飛行持ち

コスト2でこのスペックなら汎用性高すぎて使用頻度No.1になると思います。

高コスト戦と魔法反射を読む場合以外、ほぼメンバー入りのレギュラー選手でしょう。



コスト2でこの壁は破格です。

耐える避けるでヒーラーと組ませれば回避要塞と化します

遠距離と魔法中心のパーティを組むなら壁として絶対的な信頼感を発揮します。

必須級。

1コストで盾1は凄まじい耐久力です。

なんでこんなに強い子たちがWaterに揃ってるのでしょう。

僕が自称Water使いなのでちょっとひいき目で見ているのかもしれません。


スピード反転ルールでは先手で攻撃もしてくれます。

どこに置いても優秀な低コスト壁。しかも激安!!


Aランク ~このカードがあると勝てる状況がいくつかある



ちょっとコストが高いですが、河童サモナーと組ませれば相手の魔法攻撃はほぼ完封できます。

スローバトルでは攻撃力4を先制で叩きこめるので強い。


高コスト戦なら迷わず壁として置きたい存在です。



攻撃を当てた相手を50%の確率で回復できなくする能力です。


コストが高いですが、魔法主体で攻めたい時、スナイプを置きづらい時は積極的に起用しましょう。

スロールールでは脅威になります。

ヒールが強いのでヒール封じはそれだけで強い




味方の近接攻撃力を上げることができます。

それにしても痛々しいサメですよね。ぼくは怖いからあまり使ったことありませんがなぜコモンなのかわからないくらい強いです。


もしDragonが使える時、攻撃力バフのサモナーを選んで他のメンバーをスニークやオプチュニティで揃えるとえげつない火力軍団が完成します。

近接攻撃がどこでも当たるルールでは手が付けられないほど強い。



二連撃くんが強すぎて陰に隠れがちですが、彼も普通に強いです。

威力3の遠距離という時点で汎用性は高い。


二連撃くんより優先する場面は遠距離デバフとSHIELDを使われそうな時くらいですが、やや高コストの遠距離で攻めるべきルールの時、二連撃くんとコンビで出せたらほぼ勝ちです。


一応相手の飛行を打ち消す能力を持っていますが、おまけ程度だと思っておきましょう。



急に日本語的な言葉遊びをぶっこんできたロブストラダムス。

おじいちゃんで火力強化しつつ、物理攻撃に対応したい時出せばちゃんと仕事してくれます。


どこに配置しても体力の1番低い敵を狙う恐怖の近接モンスター。

威力3は大体確殺してくれるので安心感があります。


ちょっとコストが高いのとスピードが難点なので、盾姉ちゃんで補助してあげましょう。



貴重な魔法系奇数コスト魔法攻撃力2とスピード4のハイスぺマーメイド。

魔法で攻めるなら必須級です。



相手の遠距離攻撃力をデバフする本大会唯一無二のスキル持ちです。

この子とロブストラダムスを組み合わせれば、二連撃くんの攻撃を無効化できるので強い。


とりあえず迷ったら置いておきたい1枚。


先頭以外の味方をランダムで1体回復するトリアージという能力持ちです。

使い方としては反射系を読む、ブラストを読む、スナイプやスニークを読む時に使えます。

読みが当たればこの子を採用してたおかげで勝ったと相棒のようにかわいく見えることでしょう。



ヒーラーなのでめちゃくちゃ使えます。

使えるんですが、あえてもう1枚のヒーラーより評価が低い理由を話すとスピードが1だからです。


このスピードで回復しても間に合わず先頭がすでに倒れていることが多いんです。

スロールールでは初手で回復してしまうので結局1ターン目恩恵を受けられないことが多くなります。

ヒーラーのスピード1は運用する際少し工夫が必要でしょう。



コスト2なのにこんなスペック高くていいん?

と言いたくなるほどの逸材です。


彼は遠距離担当というより、盾姉ちゃんと組ませて回避できる2,3番手の壁運用した方が強いでしょう。

もちろんスニーク警戒で後ろもありですが、スニーク持ちは基本早いので避けるのは難しいかもしれません。


とりあえず低コスト戦でいてくれれば非常に心強いです。



コスト2でブラスト持ちは優秀

ただそれ以外が最低クラス。

スローバトルや光の盾付与ルールでは真っ先に起用したいです。

低コスト戦でも大活躍してくれます。その際スニークにご注意を

Bランク~局所的だが使いどころはある



正直、9コストにしては弱いです。

レジェンドがいないので貴重な魔法使い枠となっています。

高コスト戦で活躍してくれます

能力なしルールでもいるとうれしい子です。



上級者向けの性能をしていて、レイジルールで猛威を振るいます。

この子が相手を1体倒すともう1回攻撃できる能力持ち。

火力アップや、この子より速いモンスターで敵の壁を削ってうまく倒せるように調整したいです。

使いどころは難しいですが、ハマれば圧倒できるので格上にワンチャン掴みたい時などおすすめ



高コスト戦の2番手

無難に活躍します。ただのイカすぎる・・・。


6コストにして弱め。

飛行持ちでスピード1なので地震とスロールールで活躍してくれます。



正直ぼくはWaterが使える時点で魔法にこれほど弱いモンスターを使う勇気がなく、一度も起用したことがないですがSHIELDを持っているので性能面は悪くないです。


魔法なしルールでWaterカードしか使えない場合などは刺さりがいいでしょう

ライフ依存のルールでも活躍しそうです。



相手から近接攻撃を受けると50%の確率で反撃する能力持ちです。

速さもまぁまぁあるので、壁役もギリいけるし後衛でスニーク対策もできます。

ただ安定感に欠けるので中低コスト、レイジルールの奇数のみなど安定して活躍できそうなルールはかなり局所的です。

ハマれば強い上級者向けのモンスター。



スナイプ持ちなのでヒーラー、魔法使い処理要員になります。

スナイプ持ちはブラストルールでも面白い働きをしてくれます。



イカよりコストが2安くて、体力が4少ないです。

コストと相談してどちらか選択しましょう。

無難な働きをしてくれます。




スローバトル専用の遠距離担当です。

盾もあるので後衛として申し分ない性能。



先頭の味方のデバフや毒を解除する能力持ち。

毒ルールでは必須級です!




低コスト壁。

主にリトルルールで採用します。

スロールールもあると更に使いやすいです。



スロールールやリトルルール担当

相手の体力が1番低いモンスターを狙う能力なので使いやすいです。




リトルルール、または低コスト偶数限定ルールで採用される2番手

速さもまぁまぁあるので壁として1回避けてくれたら儲けもんです。



低コスト&リトル&スローで活躍できます。

血とか吸ってきそうなエビですね。



低コスト低火力スナイプなのでヒーラー対策としては微妙ですが、スナイプ2枚構成にするなら添えたいやつ。

低コスト時のヒーラー対策が微妙なのは、単純に高体力のモンスターを置きづらくヒーラーが機能しにくいからです。


Cランク単体ではほぼ活躍できないが他のカードと組み合わせたりして活躍の場がある~



4コストで火力が2なので強いが、スピード2、体力4は何とも言えない微妙さです。

盾姉ちゃんでスピードと耐久力を補ってあげましょう



ぼくの推しカードの1枚ですが、このルールだと微妙です。

低コスト能力なしルールでもリトルルールでも彼より優れた壁役がいます。


スピードが少し高めなので、盾姉ちゃんやOOZEで補いつつ、連続回避を狙って格上に下剋上を狙うのがいいかもしれません。




スニークだが攻撃力1だとあまり圧にならない。

盾姉ちゃんでスピードを上げつつ、痛々しいサメで攻撃力を上げて運用しましょう。


なるべく上のサメとコンビで使うとスニークとして役割遂行しやすいです。

飛行持ちですが、とりあえず地震ルールに出しても微妙なスニーク役で終わってしまうので運用方法はよく考えましょう。




魔法で貫通できない盾を持つ氷のライオン


強いか弱いかは何ともですが、盾回復の中立もぐらと組ませたら相手が強力なカード1匹しか採用していない場合イージーウィンに繋がります。


攻撃される→盾壊れる→盾回復を無限ループできるからですね。




1コスト余った時、どこかに差し込むカードです。


Dランク ~残念ながら今回のルールで勝利に貢献する可能性がほとんどない~



決して弱くはないけど、壁として優秀な子が多いWaterでわざわざ採用する余地がないです。

あえて挙げるならコスト低めのライフ依存+スロールールでしょうか。

ぼくは選出したこと1回あるかないかです。



4コスト払って召喚する能力値ではありません。

どのルールでも採用価値なしです。

ただレベルを上げるとスタンを覚えます。

それでも弱いのでシルバーでもほとんど活躍しません。


壁役兼遠距離で使えなくもないですが、それならコスト2の子で十分です。

どうしても使いたい場合、奇数ルールで余ったところに配置してあげるといいでしょう。


あとがき


まだルールが分からない人もいるかもしれません。

その場合はこちらへどうぞ。


大会に参加する人の参考になればうれしいです!

そして大会は手を変え品を変え続けていきたいと思っています!!


これを読んでスプラン面白そうだなと思ってくれた方はぜひこちらから始めてみてください!

こちらから登録してくれた方限定で大会開催までの大盤振る舞いをします。

ブロンズⅡまで行けば使えるカードを2枚、シルバーⅢで3枚プレゼントします!!

達成した際はTwitterのDMにてご連絡ください!


大会は今からスプランを始めても入賞が狙えるルールなのでぜひこの機会に「Play to Earn」を体験してみましょう!



Fire編はこちら

Earth編はこちら

Life 編はこちら

Death編はこちら

Dragon編はこちら

Neutral編はこちら

-Splinterlands, 攻略情報

© 2022 NFTゲーマーズ Powered by AFFINGER5