Splinterlands

【シルバー帯】世界トップ10までの道のり【Splinterlands】

前シーズンの結果

階級:シルバーⅢ

最終レート:3087

最高レート:3149

最終順位:10位

当時のカードパワーのスクショ取っていなかったのですが今18万台後半、あの時からカードはあまり増えていないので当時17万台後半~18万台前半でしょうか。

恐らくカードパワー10万台でランクマ最終トップ10入りしているのはぼくだけです!

伸び代しかない状態でここまできた方法を少しでもお話できればと思っています。


自分でいうのもなんですが、バトル回数がエグい!初心者なので圧倒的物量で乗り切りましたw

いくらくらい使ったの?


前回の記事でもチラッと公開しましたが、カードに8ETH、あとSPSを40万円分ほどステーキングしておかないと公式大会に出れないので合計8.8ETH課金しました。

課金といっても従来のソシャゲとは異なり、カードは売れば買った金額が戻る可能性が高いです。

それどころかSPSの運用利回りやカード高騰分価格で利益になると踏んでいます。

インフルエンサーのイケハヤ氏も注目しているのでまだまだこの波は続くでしょう。

仮想通貨を運用しているついでにゲームで遊んでいるような感覚です。


ランクマ上位に食い込むために最低限知っておくべきこと


まずは上に紹介した記事でアビリティとルールを覚えましょう!

そして紹介した攻略部の他の記事も読んでわからないことがないようにしておきましょう。

スプランは戦略的カードバトルである以上に”情報戦”という要素が強いです。

戦略云々の前に知ってるか知ってないかで勝敗を分けることが多々あるので、「仕様を知らないから負けた」という状況を絶対作らないようにしましょう。

優勝するにはどうしたら


”ほぼすべてのカードを揃えて、このルールではこのカードが強いという定石をすべて把握する。

これに尽きます。

これがないとそもそも読み合いすら発生しないので、どうしようもないジャンケンルールでもない限り上位勢には勝てません。

そして1~3位はほぼすべてのカードを持っています
順位1桁の方々はカードパワー20万~60万はあります。

50万でチャンピョンへ行けるレベルのカードパワーなのでえげつないですw

ぼくは18万台で最終10位、最高レート時にステイしたとしても5位でした。

正直かなり運が良かったので、今のままではこれが限界のような気もします。

まだまだ経験不足ゆえ定石把握が甘かったのもあるので何とも言えませんが、来期また10位以内を取れるかは正直怪しいです。

これから新パックが発売されたらますます1位は厳しいものとなるでしょう。

悲観的になっているわけではありません。

壁は高ければ高いほど燃えるタイプなので、いつか攻略してやると、カードパワーの理不尽にハンカチを噛みしめながらも虎視眈々と策を練っています・・・!

長い目で見るなら一旦ゴールドに上がって報酬を蓄えてシルバー再挑戦もありかなと。

ただ、上位勢として戦えない環境で自分がやっていけるか、という戦いにはなりそうですw

まとめると、1~3位を狙うならすべてのカードを揃える。

大体15ETH、約700万円~800万円の投資額が必要となります。

5位までなら、なんとか8ETH(400万円)あれば食い込めることは最終日のぼくが証明しましたが、それ以上は分厚い壁があるように思えます。打破したい!!

カードを揃える基準


新パックが近々発売する関係で必須カードと声を大にして紹介することはしませんが、揃える基準はお話できるかなと思うのでお伝えします。

まずは特定のルールで絶対的な力を持つ”〇〇がないと勝てない”系を一通り揃えましょう。

こちら自分の対戦経験から別途記事に起こします。

今回は一例としてこの類で一番代表的なラマメイジことSCARRED LLAMA MAGEを紹介します。

シルバーの毒ルールではこいつがいないと話になりません。

全員の体力を+2、先頭の毒を浄化で解除し、ラスト1体のパワー、スピード、体力を1.5倍にします。

そして合わせて使いたいのがこの4枚

シルバー帯13コストの毒ルールでこの構成に勝てる構成はないと思います。

同じく17コストで無敵です。

こちらは14コストでは基本ハイドラを持っている方が勝つバトルです。

だけど・・・

ハイドラへの回答がこちら。

ラストスタンドとデスブロー発動で10ダメージ叩き出し、外さなければハイドラに勝利できます。

もし読まれたら負けなので全部所持している場合14コストはジャンケン大会となります。

外したら負けるのでジャンケン全体を加味するとハイドラの方が分のいい試合となってしまいます。

しかしそれを逆手にとって勝率の高い構成を組みがちな上位勢相手にはこちらを出すのも一考。

あとがき


結局ぼくはというと圧倒的な戦闘をこなして身体ですべてを覚え、なんとかランクマ最終日に間に合わせたような形になりました。

恐らく普通の人はそこまで時間もお金もかけないと思うので、レンタルを駆使して楽しむのが効率的なんだろうなぁと思います。

カードを揃える基準も、上位勢の対戦歴を見てルール毎に繰り出すカードの法則を覚え、自分の対戦では負けたりされて嫌だった構成を徹底的に調べ、自分に必要なカードを追加していく過程で気づいたものです。

なんにせよ、とにかく潜りましょう。経験が一番勝利への近道と言えます。

以上!

これからスプランを始めたい人へ


スプランとりあえずやってみたいって方、もしよかったらこちらからどうぞ!

最初ゲームプレイのために1000円くらい支払う必要がありますが、リンクから登録してくれた方限定でブロンズⅡまで行ったらぼくが何かしら使えるレアカードをプレゼントします。

行ったらTwitterのDMで教えてくれるとうれしいです!

ぜひこの機会に副業としてゲームで仮想通貨稼いでみませんか??

-Splinterlands

© 2022 NFTゲーマーズ Powered by AFFINGER5