Splinterlands 日記

31日後、ラスベガスに行くシュナプーン


とうとう残り1か月・・・

チャンピオンリーグ難しくて挫けそうですが、挫けてる暇なんてない

勝利への探求を続けるのみ・・・!

そして昨日はスペースへの参加、ありがとうございました!

その後まさかの50枚、半分売れたので購入者へのお礼周りをしていたら

いつの間にか時間が過ぎてブログ更新できずでした・・・!

嬉しい悲鳴~!ほんとにほんとにめちゃくちゃ嬉しくて泣いてる

喜びと安堵と青春の涙。。。

とにかくブログより買ってくれた人への感謝の方が大事だからヨシッ!!

昨日参加できなかった方のためにまとめつつ、その後の心境なども織り交ぜていく!


ラスベガスへ行きたい理由


ラスベガスに行きたいというより、

Splinterlands初の公式オフイベント「SplinterFest」に参加したい理由になる

プレイヤーとして行きたい理由なんて必要かい?

と言ってしまえばそれまでなんだが、

そんな好奇心よりも先立つものがある

大会優勝!

それは言わずもがななんだが、1番は

友人をたくさん作りたいということ

我々がプレーするNFTゲームは勝ち負けに金銭的損得が少なからず発生する

NFTゲームをプレイしたことがない方でも

対人ゲームで負け、イライラした経験はないだろうか?

それに金銭が加わればその感情も倍増してしまう

すると負け続けるプレイヤーは強いプレイヤーに嫉妬や憎悪の感情を抱いてしまうだろう

そんなことが積もり積もればNFTゲームのコミュニティは闇でしかなく未来はない

実際私ともう2人の日本人トッププレイヤーは

過去類を見ない勝率の高さに八百長疑惑をかけられ

一時的に海外のe-sports企業ZenSportsが主催する大会へ出禁を食らった


この件に関しては草の根的に無実を訴え続けたら事なきを得た

しかしこのままではまた同じことが起こることも予想できる

私も実際に大事な試合で負けて相手へのリスペクトより先に

イライラしてしまう時があるから気持ちは理解できる

そんな時ふと思ったのが実際に八百長疑惑をかけられた件で

味方になってくれたプレイヤー、

実際に会ったプレイヤー、

チャットで仲良くやりとりをしたことがあるプレイヤーには

不思議とそういう感情はほとんど湧かない

なので私はPlay to Earnゲームにこそオフイベントが必要なのだと感じる

理想論、プレイヤーみんなが良い関係を築ければコミュニティは当然健全に保たれる

そして私自身にとって今後このゲームを続けていく精神衛生上のためにも大切なイベントになると確信している

きっと他のプレイヤーもそういった気持ちになる人は多いんじゃないかと思っている

Splinterlandsというゲーム、コミュニティがこれからも発展し続けられるように、

定期的にこういった大規模オフイベントが開催されるように、

プレーヤー同士で良好な交流をしたいと思ったのがどうしても行きたい一番の理由だ

優勝したらクラファンNFTに価値がつくように設計しているのに優勝が二の次なのは申し訳ない

しかし、これが私の本音である

長い目で見て、優勝より私自身、応援者そしてスプランコミュニティに価値のある発展になると信じている


クラファンの特典


SplinterFestで行われる大会で優勝した際、

優勝賞金でイラストを発注しクラファンNFTをリビールする

もし優勝できなくてもそのままにはしたくないと思っている

次の大会、その次の大会と、リビールできるまで諦めないつもりだ

また今後の活動として色々考えていることがあるので

NFT所持者にはその時優先的に優遇されるよう設計したい

まだ動き出してすらいないが

日本でスプランをメインに扱うゲームギルドがない

なので日本のスプラン特化ゲームギルドを立ち上げ

そこで特別待遇していただける可能性を作りたいと思っていた

また今後絵師さんとタッグを組んで価値あるNFTを発行したいと思っている

その時私はオーナーであるイケハヤ氏にNFTマーケを直接教えてもらいながら売り出すことができる

そのNFTのWLをプレゼントするなどを考えている

まだ不確定要素しかないクラファンNFTだが

そんなNFTだからこそ、

買ってくれた方の支援を絶対にプラスに変えたい

私の夢はゲームギルドを作ることと言ったが違った


もはや私の夢はゲームギルドを作ることでも、NFTで億万長者になることでもない

私の夢は・・・

クラファンNFTにみんなが想像もしてないような価値をつけること



ゲームギルドもNFTもそのための手段でしかない

今のところこのNFTを買ってくださっているほとんどの方が

フリーランスの学校、もしくはNinjaDAO、ICL(Ikehaya Crypto Lab)の方々

正直意外だった

滅多に顔を出さないコミュニティからこんなにも応援していただけたのが予想外すぎた

最初はてっきりスプランプレイヤーからしか支援いただけないと思っていたので

ゲームギルドという形で恩返ししようと考えていたが

蓋を開けると今のところ支援者の9割以上がスプランプレイヤーではないので

ほとんどの方がギルドの恩恵をほぼ受けられない気がする

だとしたらギルドを作るという手段は限りなく非効率だ

その線はもうほぼないと思ってもらっていい


今、ラスベガスから帰ってきたら

NFT事業について本気勉強していこうという気概だ


集まったお金について


スペースでも少し触れられていたが、もっと単刀直入に言うとクラファンで集める金額が多すぎないか?

との声をたまに聞くので一応ここではっきり使う予定の金額を示しておく

<<航空・宿泊>>
高知⇔千葉 : 約2万円
千葉⇔ラスベガス : 約17万円
宿泊費 : 約7万円

<<その他>>
参加費 : 約4万円
練習用チャンピオンアセットレンタル代 : 約15万円(38日分)

最低限必要な金額

これだけで合計45万円

円安ぅ、むごすぎる・・・

それに加えてETHが値下がりする可能性、

優勝賞金は未発表なのでNFTが発注できないレベルだった場合の補填金、

現地の食費、移動費、ハプニング対応など考慮すると

少し余裕をもっておかないとカツカツすぎて大会に集中できないはずだ

下手したらこれでも余裕なんてないのかもしれない・・・

恐らく多すぎると思っている人はレンタル代を計算に入れていないのだと思う

私は友人のチャンピオンアセット所持者から割安で借りれるだけ借りて、

借りれなかった分をマーケットで借りる形をとってレンタルしているが

それでもレンタル費用1日約4000円する

借りてみて自分が一番驚いたのだが意外と高いのだ・・・

しかも時期によってもっと上がったりすることもあるので厄介

もはやこの金額で練習などせずNFTを発行すれば?と聞こえてきそうなものだが

それは言わないお約束・・・

優勝してこそ、意味があるのだ!!


あとがき


ふぅ、気合い入れて書いたのでやり切った感・・・

そうそう!

このクラファンのタイムリミットも決めなきゃね

ということで9/17としました!

あと9日後!!

それまでどっかのタイミングで毎日スペースがんばって、売り切るんだ

改めて計算して結構余裕ないこともわかったのでちゃんと早めに安心して行きたいw

それでは、今後とも応援よろしくお願いします!!

必ずや優勝をこの手に!!!

-Splinterlands, 日記

© 2022 NFTゲーマーズ Powered by AFFINGER5